平成24年度活動報告

ひらめきサロン

【第2回目】平成25年3月8日(金)@茨城高専第3教室
 
講師 藤田 正博:上智大学理工学部准教授
『イオン液体によるイモの蔓、葉の残渣処理の可能性』
小沼 弘幸:茨城工業高等専門学校電子制御工学科准教授
『茨城高専ロボコン出場ロボットの紹介』
 
「ひらめき!」サロンは茨城高専プロデュースによるビジネスヒントを得るための
産学連携フォーラムです。異分野の方々と出会うことで知恵、アイデアなどの新た
なビジネスヒントを得る場を提供します。
 
茨城高専の卒業生である藤田氏は東京農工大学へ進学し現在上智大学准教授である。
専門はイオン液体の応用でイチョウの葉からシキミ酸を取り出しインフルエンザの特効
薬タミフルを抽出することに成功。タミフルは中国産の「八角(ハッカク)」という植
物からしか採取できなかったがイオン液体を使うことによりイチョウの葉から抽出する
ことが可能となった。イチョウの葉から効率的に採取できれば医療界にとっても朗報と
なるだろう。
小沼氏は今年度茨城高専ロボコン出場のロボット部顧問である。ロボットコンテスト
での苦労話しや出場ロボットの実演を含めた解説があった。
 
【第2回目】平成25年3月8日(金)@茨城高専第3教室