平成24年度活動報告

工場見学会

平成24年度活動報告

平成24年12月4日、日立事業所工場視察会をNNS会員等34名が参加し開催。
テクノセンターを出発し海岸工場到着後、会議室において日立事業所の概要説明を受けた。

その後、小平記念館見学班と超大型モーター製造現場見学班とに分かれそれぞれ視察。
小平記念館見学班は日立製作所設立者小平浪平氏の生い立ちや技術のあゆみ、会社の変遷等をパネルや実物を見ながら知ることができた。
各班の見学が終わると会議室に戻り日立が手がける2,000Kw風力発電設備の説明を受けた。
日立の風車は、吹上風や複雑な地形の風にも対応できるダウンウィンドロータ方式を採用していること、強い雷にも対応できる耐雷システムであること等の説明
があった。その後の質疑応答でも活発な質問が出ており参加者のクリーンエネルギーに対する関心の高さが伺われた。

海岸工場から埠頭工場へ移動しナセルの組立現場を見学させていただいた。
ナセルとはブレードの付け根「ハブ」とタワーとを連結し、増速機や発電機を収納している部分
である。実際間近でみると飛行機のコックピット部分のようなその大きさに驚いた見学者も多かった。
地球温暖化対策の一環として、そして原子力の代替エネルギーのひとつとして今後導入への動きが活発となることが見込まれる風力発電に、そして日立の風車に順風が吹くことを願った一日であった。
 
241204
埠頭工場(ナセル製造工場)にて